FC2ブログ

Latest Entries

教室にて


Sさんはノッティングを機から下しました
春のお花畑を見るような色合いにほのぼの感満載
ご自宅を明るくしてくれますね

P4213315_convert_20190421214304.jpg
Kさんは私も面白く作っているひも織りを始められました
藍の木綿でポシェットのベルト用
やはりはまってしまいそうですね

織の途中

P4163313_convert_20190416145527.jpg
根を詰めないようにゆっくり織ってます
初夏に向けた色で半巾帯


そんななか今年も伊豆の方から贈られた段ボール一杯の甘夏
良い香りに包まれ手間を掛ければ日常も楽し

わたの紡ぎ塾2019.4.9


塾内で私も新しい筬綜絖を試してみました
先日のWSで皆さんの様子が楽しげで小さなこの道具を使ってのひも織りです
なかなか楽しいものです
今回は絹糸でマイ帯締め作り
P4093296_convert_20190410084948.jpg

P4083287_convert_20190409211108.jpg
自宅では次作の途中
今日は冬に舞い戻った冷たい雨
体調に気を付けねば

半巾帯


途中で体の不調があり滞っていた半巾帯

IMG_20190405_081033_convert_20190407110414.jpg
ようやく仕上げました

青山のイトノサキさんで開催中の「大人の半幅・初夏揃え2019」に
納品も出来ました

P4073285_convert_20190407191534.jpg

昼夜帯 着物によってどちらの面でも締められます
藍の乱染めと柿渋染め
柿渋は島根に住んだ頃、山柿を潰し発酵させ染めたものです
もうかなりの年月が経ち独特の匂いも飛んでいますので
安心して締められます

ひも織りワークショップ3.30

先日無事ひも織りのワークショップが開催できました
皆様に楽しんでいただけたなら幸いです

IMG_20190330_112419_convert_20190401194657.jpg
皆様にお好きな色の糸を選んでいただき、たて糸通しから始めてもらいました

IMG_20190330_143904_convert_20190401195312.jpg
幾つかのパターンを用意しましたが織り初めてみると初めて模様が見えてきます
同じパターンでも色を違えると全くイメージが変わります
IMG_20190330_143717_convert_20190401194752.jpg
IMG_20190330_143818_convert_20190401212704.jpg
残りは自宅でゆっくり楽しく仕上げていただけたらと願っています

二本目を織りたい方のためにすぐ始められるよう経糸を用意しました
こちらも好評をいただき求めてくださったのが嬉しい限りでした

第二弾も企画中です
日程が決まり次第お知らせしたいと思います
皆様ありがとうございました

十絲の会 春のワークショップ ひもを織る

いよいよ今週末開催です
最後の準備も終えました

体験していただく巾と糸使いはこんな感じです
様々な模様を用意しましたのでお楽しみに!

紡ぎ塾の生徒さんの新作
IMG_20190326_115831_convert_20190327195300.jpg
IMG_20190326_120348_convert_20190327195335.jpg
ひも織りの際に腰に巻くベルトなので少し巾広に
二本ともとても鮮やかな色
模様も無限に作れるところが奥が深い

P3273253_convert_20190327200040.jpg
私が整経した当日販売するひも用の経糸
さあどのような模様が出るのでしょう

ひもの活用

紡ぎ塾で織ったひもをこんな素敵なものに活用されたので紹介させていただきます
IMG_20190312_114925_convert_20190314203017.jpg
Iさんが卓上機で使う道具などを収納するポーチを作られました
出来合いのクロスをカトラリーケースのように上手に手縫い
IMG_20190312_114942_convert_20190314203126.jpg
上部を落ちないように工夫

くるくる巻いて手織りのひもでまとめて。。。
ひもと同じ糸で刺繍まで!
またこれで手作りが楽しくなりますね

春のひかり


朝織り場の雨戸を開け障子を細く引くと春の光線が射す
一日織ってもあまり進まない今回の織り
休憩をまめに入れながら一越し一越し進めています

P2233204_convert_20190311113913.jpg
かなり前に山柿で作った柿渋染めと藍の乱染めを使用

わたの紡ぎ塾 新規募集

十絲の会では2019年4月より新規参加者を募集いたします
新しいチラシが出来ました
IMG_20190305_0001_convert_20190305214449.jpg
糸紡ぎに興味を持っている方、綿を栽培し始めている方、身の回りの小さなものを手作りしたい方など
初心者大歓迎!綿に関することなど一緒に学びませんか
IMG_20190305_0002_convert_20190305214942.jpg

なお、いつからでもご参加できますのでずっと右下のメールフォームからご連絡ください
宜しくお願いいたします

※少々見難いことご容赦ください

わたの紡ぎ塾2018.2.26

塾内ではひも織りが続いています
Iさんは二本目を腰機で織り始めました

P2263214_convert_20190226223728.jpg
機に付いている筬綜絖に必要な本数のたて糸を通し

P2263223_convert_20190226223657.jpg 
腰紐に結ぶ 床に座っても椅子でも楽な姿勢で織れます

P2263221_convert_20190226223636.jpg 
ミニ筬綜絖とミニ板杼を使い、ひも織りWSを考えました
第一弾3.30は定員に達しましたが第二弾を企画中です

今回参加できなかった方々には申し訳ありませんでしたが
次回のお越しをお待ちしています
決まり次第UPいたしますので宜しくお願いいたします

春のワークショップ2019 ひもを織る

春のワークショップ2019 ひもを織る
参加者を募集いたします

                         生徒Iさん初作のひも
小さな筬綜絖を使ってひもを織ります。
たて糸を腰ひもに結び付けて織るので道具も場所もわずかでできます。
色糸の並べ方を知っていただくと好きな柄が織れるようになります。
簡単で奥深いひもづくり。
糸・筬綜絖・板杼などはこちらで用意いたします。
途中でもお持ち帰りいただき家でも織れますのでこの機会に是非ご参加ください。

日  時  2019.3月30日(土) 13:00~16:00
場  所  TEORIYA 東京都千代田区神田小川町2-8扇ビル4F
       JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩7分
       千代田線新御茶ノ水駅or都営新宿線小川町駅B5出口より徒歩3分
定  員  10名 お陰様で定員になりました 
            
受講料   8,000円 道具(新作筬綜絖・板杼)、材料費込み
講  師  十絲の会 大熊眞智子 小峰和子
       わたから糸を紡ぎ染め織りまでの作品を制作しています
       毎月二回「わたの紡ぎ塾」を同所TEORIYAで開催中
申込締切 3月25日 定員になり次第締め切ります
       受講を希望される方は指名・住所・電話番号を明記の上 
       右下のメールフォームからご連絡ください
※お持ちいただくもの:約30㎝の定規(よこ糸の打ちこみ用)

木の筬綜絖と織ったひも
ひも織り用の腰ベルトにもなります
P2123197_convert_20190215115937.jpg

P2123195_convert_20190215120316.jpg
色糸の並べ方、浮かせ方で様々な柄ができます
細いものは気楽な帯締めとして織ったもの
IMG_20190204_093920_convert_20190204101920.jpg

三分紐つづき

楽しみのひとつとして作った三分紐二本

この紐には先日伺った和更紗展で求めた横浜きものあそびさんお手製の
江戸後期の和更紗の帯留めを
ずれないようにパチッと止まる金具が付いているので安心です
IMG_20190204_093920_convert_20190204101920.jpg
この帯留めの格には及びませんが半巾帯に気軽にと今から楽しみです
着物でなくてもブローチとしても良いとのこと
IMG_20190204_100914_convert_20190204101755.jpg
二本目に作った紐
一本目より細めです 例えばこんな使い方も
IMG_20190206_081656_convert_20190209090313.jpg
あまり着なくなった白シャツの前立てに仮留めしてみました

この紐つくり やりたいとの声をいただいてますので春頃
紡ぎ塾 特別講座でワークショップを考えています

絣デザイン


ようやく重い腰を上げ、絣柄を決定すべく
眠っている画を取り出しその想いを辿りつつ机に向かう

なんせ昨年はバタバタで着尺の制作が出来ず仕舞いだった
せめて今年の目標にたどり着きたい

今日の雨は丁度いい

立春

早いもので立春を迎えました

年明け早々世間では様々なニュースが流れている

手元を見つめることが疎かになりがちな時代
小さくても楽しみを感じようと納戸の奥から年に一度のご対面

山陰に過ごした頃、この素朴さに惹かれ求めた土人形
普通にこうして可愛いと感じ、設えること事態有難いことなのだと

このあと気温は上がるものの、また今夜から冬に舞い戻るらしい
春は名のみ

三分紐第二弾

色を変え色々試したくなり制作中

経の密度が混みよこ糸は隠れてしまうのですが耳には現れるので
その点も考慮
糸が細い分本数は増やし厚みが増しています

面白さにはまりますが手前用としてはこの位にしておきましょう

打ち綿

昨年ようやく終えた綿繰り
切り綿をいつもお世話になるマスダふとん店さんにお願いし、綺麗になり
わざわざ届けてくださいました
これで約2.6㌔
IMG_20190201_210923_convert_20190202075236.jpg
1シート約200㌘とこちらでは手紡ぎ用に薄めに打ってあります


綿繰り  熱中し過ぎで手首を痛めた日を思い出します
IMG_20181130_113922_convert_20190202075906.jpg 
切り綿 小さな葉ゴミも徹底的に取り除いたはずです

これで当分間に合いそうです

三分紐

紡ぎ塾内で生徒さんが作っているのを見ていたら欲しくなり
時間を割いてやってみました

滅多に自分用に計画し制作することはないのですがこの位のものなら
支障はないでしょうということで。。。
IMG_20190125_113345_convert_20190126084516.jpg
やってみるとこれが面白い 自分のですから気楽です
中心から半分に小さなドットを配し左右楽しめるようにしました
夏の普段着物に気楽に締めようと思います
これなら帯留めも身近にあるもので十分

IMG_20190125_135654_convert_20190126084558.jpg
庭に下りるとほったらかしにしてしまった梅が今年は沢山の蕾を
付けていました 寒中に強く健気です

わたの紡ぎ塾2019.1.15

新年はじめは紐つくりから
卓上機を使って簡単に出来る色々な模様を織りだしてみましょう

サンプルの藍と白のシンプルな模様

IMG_20190115_143754_convert_20190116134528.jpg
いつもの卓上機で簡単にできます
Iさんはグレートピンクで変化市松風に
途中で色の並びを切り替えるとできます
緯糸を左右から入れたら織り前で緯糸通しをきゅっと締め、通し巾より狭め
かなりきつめに打ちこんでいきます

緯糸はこの場合二本取りで厚みを出していますが好みで色々作れます
巾や長さ、色を変え色々なシーンで楽しめそうです

次回の開講は1月29日です
引き続き紐作りの予定です
IMG_20190115_112826_convert_20190116134557.jpg
道すがらビルの合間にそよごの木を見つけました
冬枯れの時期、みどりとあかが綺麗でした
古くからこの材で赤い色をいただけるとききます
以前育てていた鉢植えを猛暑の水やりに失敗し、枯らした苦い思いが
蘇りました
今度は地植えしたいものです

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR