Entries

新・東京スピニングパーティー2018

9月15(土) 16(日)/10:00-17:00すみだ産業会館まだ先ですが今年のテーマが手紡ぎ何年か振りに十絲の会で参加します全国から105ブースの作り手、販売元などが勢揃いします手作りファンにとっては年に一度の心躍るイベント素材求めやレクチャー、ワークショップも目が離せません私も詰めていますので是非お越しくださいブースでは写真のオリジナルスピンドルを使った糸紡ぎのワークショップも開催します7月に入りましたら詳しいチ...

大人の半幅・初夏揃え

そろそろ初夏に向けた装いの準備も必要ですね南青山のイトノサキさんではそんな初夏揃えの作品が並びます草木染め・自然素材の季節を感じる更紗・浴衣地・半巾帯など素敵なセレクトショップですので是非お出かけください私も参加させていただきます案外夏はすぐそこに来ているのかも、、、...

十日町てしごと屋

先週のこと表参道にある新潟県のアンテナショップに出向きましたかつて十日町で染織のいろはを学んだ折り、講師のお一人だった松本英利さんにお会いするためでした左から二人目が松本さん他に手織りの綿貫さん、糸販売の高野さん、機料店の滝沢さん、機道具の古川さん会場はかつての研修生が次々と訪れ、いつの間にか同窓会のような懐かしい話で盛り上がりました 機料販売の古川さんと 手前はきびそや真綿で織られた温か...

気づき

二人展の開催で意義があったことまずこの茶綿手紡半巾帯が大活躍(両面使い、細縞入り)これ自体主張する訳でもないのですが今回着装してもらって改めて万能だと知りました例えばこの吉倉さんの紬にも裏はこんな感じこの藍木綿にもぴたっと寄り添ってくれてます他にも出番が多かったのには和綿の茶は特に優しい色ですので邪魔をしないのだとも考えられます帯を引き立ててくれる着物、着物を引き立ててくれる帯これは後者かなそして私...

今後の糧として

今回の二人展出展については今年の初め一時迷いが生じていました完璧を求める余り自信を無くし、また他の不安を抱え決断を先延ばしにした頃でしたしかし生来の楽観主義も健在で開催に漕ぎ付けたのでした 結論は今の仕事を見ていただくこと・・・やらなかったら短所も長所も分からず前へは進めない大げさに思えるかも知れませんがそれだけ慎重でしたそしてやはり開催して本当に良かった今思います幾つかの課題を今後の糧に・・...

ありがとうございました

昨日お陰様で「木綿と絹の二人展」は無事終了いたしました絶え間無く大勢の方がお越しくださり、驚きと嬉しさで一杯の五日間でした自分たちだけでは到底起こせない力をお客様、応援くださった方々に戴いたと感謝していますありがとうございました今回は実際反物や着物をできるだけ纏っていただきました平面で見るより体に沿わせてみることでその方に映えるものそうでないものなどがイメージし易くなったと思います仮仕立ての着物で...

二人展始まってます

木綿と絹の二人展は今日で三日目ですなかなか投稿が出来ず申し訳ありませんお客様がご紹介してくださり有難いかぎりですまた画像とともに投稿したいと思いますので宜しくお願いいたしますでは行ってきます...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR