Entries

綛揚げ

そこそこ紡ぎ糸が溜まったので綛に揚げます糸の太さを確かめたいのも理由ですカウンターの数字から綛周を掛け重さから糸番手を割出す何綛かやってみると、ほぼ同じ番手になりました・・・これであまり斑がないことになりますので糸紡ぎを続行します綿によってもなりたい糸の太さがあるような気がしますこのシンプルなタオル大の布は十年以上前に経緯手紡ぎで織ったもの洗い使い込んでもへたれも無く今や手放せないものになっていま...

糸紡ぎ

ようやく身辺が落ち着いてきたので和綿の糸を紡ぎ始めています暫く手を動かしていないと感覚が鈍りますがほどなく糸の感触が手に伝わってきます良い布を織るための一歩 一歩...

和綿手紡糸

1㎏の知多綿の打ち綿縁あって栽培している方から譲ってもらったものとても綺麗な仕上がりは栽培方法から種繰りまでかなり念を入ってる証ですいつでも手に入るものではなく有難く買わせていただきました知多綿は在来種のなかでは繊維が長いとのことこれを糸にすること久しく・・・ようやく溜まりました さてこれで準備が整いましたいつの間にか半年も過ぎてしまうのですからこれから焦らずも着々と思い描く布への工程をこなしてい...

紡ぎ玉

在来種知多綿経緯手紡着尺用には細めの糸で220~240個を用意現在進行中です この夏は染め織りに費やされるでしょう ...

白く

紡ぎたての糸茨城県内で土づくりから完全無農薬で栽培された和綿種は知多綿六月に入り日差しにも夏を感じ梅雨入り前の晴れた日は特に清々しこのあと染めるのも勿体ない気もする白さ・・・真っ白なシャツが似合う季節です...

清しい

綛揚げ後の手紡糸生まれたての初々しさ感をしばし堪能この後この子達は湯に入り布への旅へ案内板はラフに・・・...

知多綿

棉を栽培されている方から譲っていただいた打ち綿こだわって栽培され丁寧に種を取りここまできたなんて綺麗なんでしょう品種は知多綿日本では繊維が長い品種で少し試したところとても紡ぎ易いこの綿を見た時から作品のイメージが湧き栽培の苦労を思うと丁寧に紡ごうと思うのです手を付けられるのは秋以降かな庭先の小さな畑ではとっくに棉の芽が出種の引き継ぎが今年も無事なよう・・・...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR