Entries

けやき染め

先日、近くの公園で欅を剪定していたところに遭遇思わず所望 自転車のかごに入る分なので少量です早速樹皮で染めることに保存も可能ですが剪定仕立ての生は抽出するとやはり赤みが強く綺麗下から時計まわりに一番、二番、三番液今回は四番まで摂って欲しいグレーに まず二番液できびそ糸を染めてみるとまるで桜のような色に 何度か繰り返し鉄媒染で紫がかったグレーが ついでに生平きびら(麻布)も鼠色にしました植...

機拵え

久々の織り仕事幾つかの工程を経て綜絖通しこのところなかなか手が回らなかった織りとりあえず二月の催事用に小物をとやっと手を動かして綜絖通しを終え筬通し染めてあった黒染め糸で男着物用にイメージした半襟を織りますこうして馴染んだ道具に触るとようやく気持ちも上がってきます糸:和綿手紡糸...

機下し

機下しの数日前日に日に布巻きの厚みを確認してここまで来たなという思い織りのできない日やできても数時間だったり・・・今回は織りに時間がかかりすぎ終盤は追いこみましたそれだけに機下しでは胸をなで下したところですそしてこの瞬間はいつも解放感がありますその後仕上げ前の長さ、巾、重さを記録し検反そして糊落とし中です...

織の途中

機上げまでの工程は慎重に行ったおかげでスムーズにきましたさて織りの段階ではいつもの絣織りではないのでそう手間はかからないと踏んでしまったのが誤算でしたたてよこ手紡糸、少し地厚を目指したのでたて密度も高いせいか糸のひっかかりがあり、一日織れるのは極僅かです それでも機草(糸の間に挟みこまれた厚紙)がぱさっと落ちると確実に進んでいることが実感できます段数の確認や飛び目が無いか確認しながら遠い道程を地...

ようやく

経巻きが終わり次の工程 綜絖通しと筬通し右は綜絖通し、左は筬通しに使う道具知り合いの作家さん手作りの手に馴染む竹製です少しの贅沢です  綜絖通し途中の画 一本一本綜絖の穴に入れていきます 杼に入ったよこ糸をどう並べるか秋色を思い描き染めてきた色・・・ さてあれこれ試織し、決まったのはこんな横縞たて糸の交差でよこ糸の色ははっきりとは出ませんがこれは想定内・・・手紡糸の開きにちょっと手こずり、...

経巻き

着尺用の整経が済むと次は難関の経巻きです部屋を目一杯使い何往復もしてたて糸を巻いていきます下に置いてあるものは機草と呼ばれる木で、これを挟み込みながら巻いていきますこうすることで糸のくい込みや緩みを防止します今は主に厚紙を使用する場合が多いようです お陰様でトラブルも無く済みましたこれが終わると次の工程が待っていますついでに続けて半襟用糸の経巻きも済ませました ...

よこ縞

整経中今回は微妙に色の濃淡がある経糸にしました                          ※実際はもう少し濃いオリーブ系ですよこ縞用の色糸数種を少しづつ管巻き 普段たて縞が多いのですが今回はよこ縞の着尺を計画しましたよこ縞は着物を纏ったときに肩から下がる袖の向きがたてに見えるのですっきりした感じになるので好きですこの色糸の並べ方で大きく雰囲気も変わるのでどうするか思案です...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR