FC2ブログ

Entries

着尺の砧打ち

今回の着尺は初めての糸づかいでした密度や打ち込みなど調整し、織りあげてみましたが目も詰まり良かったのですが硬さが気になりましたそこで普段はしない砧打ちをすることにしました結果、気になるこわばりも無く柔らかさが出たようで一安心しました初めての糸を使う場合、筬密度、打ち込み、縮率などの調整が必要ですその都度、新しい発見や経験になり合格ならば一つシリーズが増えることになりますのでやってます友人から昨年貰...

機に向かいて

八月内ぎりぎりのスタート 去年の胡桃と今年の胡桃二年越しに染めた経糸にようやく緯糸が準備でき使う時がきましたたまにこんなシンプルな縞が欲しくなりました無地だからこそ織りは難しいなるべく一気に仕上げることを念頭に、九月を上手く使いたい...

胡桃染め最終

数日掛った糸染めも最終少しだけ光と風に秋を感じる早朝の空に糸を干すこの時はまだ濡れた状態なので濃く見えますがみるみる乾いて夕方は色相も変わって見えます染材:鬼胡桃の実・葉媒染:灰汁...

二年目の胡桃染め

昨年と同じ富士山の麓の方から鬼胡桃の実と葉が届きました昨年染めた糸を経糸に縞の着尺分を機に揚げたところでした緯糸を決める際、やはり胡桃染めの糸が欲しいと乾燥モノの購入を考えましたが甘えてお聞きしたところ高所にかろうじて残った物を送ってくださいました 有難いです先週までの猛暑は去りましたがまだこの時期の染めは汗だくですまず実をナイフで削り水の中に入れていくそばからタンニンの茶色が思い起こせば昨年は一...

綿機の修理

山陰から持ってきた綿機は中古の機欠けたりした部分を直した筬柄おさづかはもともと癖が付いていたり使いづらさを感じていたのでこの際新規に作ってもらうことにしましたそしてこれが初お目見え重量も木の材質で増し、見た目も格好良くしていただきましたひもで釣って打ち込む形式なので慣れない方は織りにくいでしょうが私は気に入っていますまず試運転のため綿縞の着尺分をようやく機に揚げました今までのより重いので勝手が違い...

織の途中

今日から水無月。早いです!最近制作した半幅帯とほぼ同じ糸質で八寸帯を製織中同じピッチでよこ糸を入れないので時々確認しながらまたしっかり打ち込みをするので長時間機に座るのが最近きつくなる今年は何事もペースは遅くなりそうですが焦らず、焦らず、、、小さな畑では和棉の白と茶そして何年か振りに戴いたみどり棉を栽培中新しい土地なので順調に育つか見守りつつさあこれからどんどん暑い日がやってくる 対策をしませんと...

織の途中

根を詰めないようにゆっくり織ってます初夏に向けた色で半巾帯そんななか今年も伊豆の方から贈られた段ボール一杯の甘夏良い香りに包まれ手間を掛ければ日常も楽し...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR