Entries

京都にて

早朝着き疲れていたが下鴨神社、上賀茂神社へ回った 上賀茂は初めてで悠久のときを感じる その後機屋回り、そして感服というレベルを超え想像のつかない技術の 105歳で現役の能衣装織師の展示 12月6日まで相国寺で展示代えして観られます まだまだヒヨッコですな~ ...

赤く染めにし

垣根のどうだんつつじは赤く色づき散る前のステージを演出してる見過ごさないから大丈夫!後の掃除は大変だけどね私は今日の夜行バスで京都に行く しんどいだろうけど向こうの楽しみの為友人の初の個展を観に行きがてら染織の材料調達やら刺激をもらいに仕事がらみ以外の旅行なんてできないがそれで満足 行けるだけで有難い ...

手紡布

  染材:生成、茶綿、藍、枇杷、矢車、白樺経緯和綿の手紡糸で織り仕上げに今回は砧打ちをしてみた 織りあがりより布が柔らかくなりとがった感じがなくなった着尺では少し頼りないのでさて何にしようか・・・ 砧の一例(各地でさまざまな形がある) 織りあげた布をまんべんなく石の上で叩くことを砧打ちという たた何でも打てば良いというものではなくその布の持つ表情はそれぞれ...

小菊

 庭の片隅に見つけたちゃんと季節を読んでますね~あなたはうんと若い頃菊にはあまり興味を持たなっかったけれど今は好き <歳のせい?>真っ赤なバラもいいけどこんなのもいい ...

紙糸

 国産楮手漉き和紙(鳥取県青谷和紙) もう一つの糸作りは和紙から糸を作ること 綿と並びこれもずっと手がけて行きたい素材の一つ 日本各地には素晴らしい和紙があるけれど たまたま住んでいた山陰の和紙に出会い習った 糸に適す様にうすーく漉いている   適度な太さにカット 撚って糸にした状態 上から無漂白の糸            柿渋染     &#...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR