Entries

ライ麦畑でつかまえて

先日「ライ麦畑でつかまえて」の作家サリンジャー氏が逝かれた 学生時代(いつだったか・・・)に読み何か不思議な感覚をおぼえた 村上春樹訳のキャッチャー・イン・ザ・ライが発行された機会に昨年からまた読み直し始めたのにまだ途中・・・だいぶ記憶が薄れていた しかし最近までご存命だったのですね 残り約半分読破しよう...

  知り合いから以前譲って貰った切り繭                 織りのアクセントにしようと煮て糸を出した・・・が ここであとは絹織りをしている友人におまかせここで眠っているよりきっと素敵な物にしていただけるだろう・・・指にはめ肌にくるくるすると美肌効果あり・・・...

「糸」

先日戴いたコメントから久々に中島みゆきの「糸」を聴いた  <YouTube>より おそらく大切な人との出会いを糸になぞらえているのだと思うが 糸を扱う者として感慨深い詩  たての糸はあなた よこの糸は私  織りなす布はいつか誰かを 暖めうるかもしれない・・・  逢うべき糸に出逢えることを  人は仕合せと呼びます・・・ 一時この方にハマり ライブに行った イメージとMCのギャップに以外さを感じ・・・歌作りの才能...

庭の黄色

  次々と咲く水仙   今満開のロウバイ                             昨年の実?もともと植えられていた花々 黄色が大好きな私は感激! どちらも冬の庭に芳しさと気品を与えてくれる友人がロウバイを挿し木したいと言われたので気にしていたら 種だろうか 昨年の実が枝に残っていた これで芽は出て花は咲くのかしら試しに植えてみようか・・・...

夜の糸紡ぎ

新潟に居た頃手に入れた古い糸車 機織りはせいぜい夜の7時まで 夕食後は糸紡ぎ そろそろ次作の糸を用意しなければいけない 深夜の糸紡ぎが捗る方もおられるようだが 私は夜更かしがめっぽう苦手だからほどほどに でも糸紡ぎは無の境地になるのである 出来るならこれだけずっとしていたいほど・・・...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR