Entries

椿

  今日出会った小ぶりのツバキ 椿は大好きな花の一つ で まだ織りの勉強中にツバキをモチーフに織った紬の着物 「遠州椿」という古典柄 今見るとまだ稚拙さが目立つ作です 、、、 着物は季節を演出できるアイテム 機を逃さないうちに着たいものです...

手紡半襟

昨日の思いがけない雪とうって変わり今日は良い天気  糸紡ぎを休み,織り始めた小物に向かう 和綿の手紡糸の半襟 今回は藍と白の格子柄 自分自身も使ってみて襟のおさまりが良いので定番としているもの   昨日雪の重みで倒れかけていた水仙を機の傍に甘い香りがほんのり漂う・・・ ...

銀花

季刊「銀花」秋 第百二十三号   画像が拡大します  先日「銀花」の元編集長のお話を聴く機会があったのでご紹介 惜しくも昨年<百六十一号>で休刊になり素晴らしい雑誌だったゆえに残念 因みに「どの記事も全部むだで、全部役立つ雑誌を作りたい そして型破りの      雑誌を作りたい」 と創刊号の編集後記に記されたようです   主に40年間を通し表紙デザイン決定から印刷に至るご苦労話 その銀花独特の画...

職人

先日のMOLIくるマーケットでふとんのマスダさんは座布団の わた入れの実演をされました みるみるうちにわたが手際良く切られあっという間に座布団が 仕上がりました    職人の手技 見事・・・ 近い内に私も教えていただこうと思います...

立春

  梅一輪 一輪ほどの暖かさ を上回り今日はぐんとあたたか このところ少々凝り固まった身体も心もほぐれるよう・・・ この世に花が色が無かったらなんと無味乾燥な世界か 今の仕事のイマジネーッションの源泉食べ生きるだけではない 仕事があり楽しみ、歓びがあってこそ 仕事とは人それぞれ・・・ 喜んでもらえる商品つくり それがいまのしごと 昨日の豆の数 もっと食べたいと残念がった幼い頃がいとおしい・・・...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR