Entries

気がかり

新潟で降り始めている最大級の大雨今年の気象変動は未曾有の被害をもたらしている一年間でもお世話になった十日町の非難勧告知り合あった方々は大丈夫だろうかと気がかりですとうとうとした流れに癒された信濃川が一気に顔を変えてしまう自然の驚異どうか早く静まって欲しい ...

棉の花

  次々と開花し始めている伯州綿(和棉)の花 下向き加減に咲く様子も色も控えめで好き これも翌日にはこのように色が変わりそして落花する     はかない命でも 秋に結実しふわふわの綿を生む 植物の花を可憐に美しくなせるものは何なのか そして自然の稔りを糸にした先人に敬服 します   これはふとんのマスダさんから戴いた茎が赤い<紫蘇綿> こちらも咲き始めています...

絣制作の道具 

経箸へばし   経絣を作るために絣部分の経糸を準備することを整経と云いますが その際一本の糸を竹の穴に通して行います 中心部分だけ竹を綺麗に割ってる  <昔から使われている道具は美しい   これも何気なくて美しいなと感じている> これにより糸が適度なテンションを保って整経し易いのです 因みに地糸は手だけで整経します 久しぶりの絣 ふと十字絣が作りたくなって・・・ かなり前に受注で織った絣の端切れ こ...

かみのみぞ展

日本橋の小津和紙ギャラリーで23日まで   日本酒のラベルがアートする(岡嶋多紀さんのコーデイネート) ラベルを捨てずにいたひと それを貰ったひと それを再生したいと考えたひと それにアートしたひと それぞれの個性が小さな紙片に新たな息吹を感じる とても面白い展示でした 新潟の銘酒 そのラベルが新潟の楮の手漉き和紙だったとは知らなかった その手漉き職人小林康生さん紙布作家桜井貞子さんの お話も聴けた 紙布も...

シジュウカラの巣立ち

やっと撮れた一枚 ぼやけてます   最近家の周りをちっちちっちーと忙しく飛び回る鳥のさえずり 最初は何の鳥か分からなかった ちょうど知人夫妻が来客の時もさえずり シジュウカラと知った 二人は日本野鳥の会会員で当たり前だけれど詳しい かなりスマートで恰好が良い鳥 たぶん巣立ったばかりの子供達らしい だから鳴き声も赤ちゃんぽいとか 初めて真近にシジュウカラを観察でき感激 木の上に巣作りをすることは無いらし...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR