Entries

織の途中

シルクウールマフラー                     よこにシルクを一段おきに織り込んで 糸の整理をしていたら昔購入したウールの糸がどっさり出てきた 草木染めをし編み物をするつもりで・・・けれどもう編み物はきっとしない なら織ってみようと思い立ち始めてみたものの・・・ ウールで織るのは初めてなので勝手が違い気を使ったけれど 暖かさがじんわり手に伝わり新しい手触りを体験できた 横路にちょっとそれ...

稔り

  叔母の庭で採れた柿 一番好きな果物かも知れない 柿は医者要らずといわれるほど身体に良い ご相伴にあずかります そして我が家の庭では染材の種採り    蓼藍と小鮒草と 最初は友人から譲ってもらい毎年播き こんなに実を結んだ だから今度は欲しいという方に譲る番 まだ余分が有ります ご希望の方 メールホーム(ご連絡はこちらから)にてご連絡ください   それから今年最後の小鮒草染めの煮出し まだ良く色...

棉畑で

和綿の収穫 寺田徳五郎さん 弾力のある白綿ふとん綿にも最適 先日、静岡県磐田市の伎倍幡本舗 寺田さんの取材に十絲の会の 小峰和子さんと同行しました 30年以上も和棉の栽培に携わっておられ今は息子さん(智彦さん)が後継者 収穫の最盛期は過ぎましたが静岡では12月位まで収穫出来るそうです 私が初めてお会いしたのは約10年前 染織関係の記事を見てすぐ電話をし すでに棉栽培をしていたので興奮し飛んで行ったとき その...

道具のはなし

御光台ごこうだい    手仕事に道具は欠かせない 上の写真は糸を分けたり、巻いたりするのに糸かせを掛ける道具 右に付いているカウンターで糸の長さも分かる 以前中古で手に入れた物が使い難いのでその後購入した物 先達からは良い道具を使わなければ駄目だと云われる なるほど 良い仕事をするには良い道具が必要 良い仕事とは技術以前の作業がはかどるということ そして美しい ただ私は多くの道具は要らないと思う 必...

日本の自然布展 in宮古島

今回の日本の自然布展ツアーin宮古島は 多数(50名)のご参加戴き宮古上布の体験等含め 有意義なツアーになったようです(私は同行出来ませんでした) ご参加くださった皆様ありがとうございます 日本で古代より受け継がれた手技をこれからも紹介できるよう 古代織産地連絡会はこれからも展示会、貴重なツアーを企画しています 因みに次回の予定は丹後の藤布です...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR