Entries

絣---川の流れ

   朝、庭のどくだみの花を生けた日 絣糸の経巻きをする    いつもこの光景を川の流れに例えるけれど 今回は爽やかな五月の空を写す川 空といえば先日の金環日食 私の住む地域から綺麗な輪が見えました しかし・・・これ何とも骨の折れる作業 中腰が長く続くから腰が悲鳴を上げるやら 強引に突き進もうとすると糸も抵抗してくる 明日に持ち越すのが賢明...

絣---緯絣

  緯絣を括る道具  巻きながら進められるので便利   そしてやっと経糸を糊付けし公園で張ることに 重い糸束も今日糸紡ぎにいらしてたお二人に助っ人してもらい 無事終了    心地よい五月の風が早めに糊を乾かしてくれた...

庭では

  庭がまるで草原のよう シロツメクサが元気に茎を伸ばしている 最初は少しだったのが地下茎をぐんぐん延ばして草を凌ぐ勢い かつてオランダからガラス製品を運ぶ際、梱包材に使われたのが 詰め草の由来とか・・・ 幼いころこれを摘んで首飾りを編んだのを思い出し  あの頃の風景が遠くなったのを侘しく思う そして    5月10日に播いた棉が芽を覗かせた...

絣---種糸作り

ここからは緯絣の糸を作る工程   これは絵絣台というもの 緯絣を作る際、この台にガイドになる種糸を張り 柄を写す  パターン毎に墨付け     緯絣は自由に曲線を作ることが出来るので絣の幅が広がる   種糸に沿って整経した手紡糸  今回は4パターンの絣糸を準備 このところ新緑と共に雑草もにょきにょき 毎朝少しづつ抜いているのだけれど追いつかない...

絣---経絣

  経絣の染めが終了し一部括りを解くと くっきり白場が出た 数日前のブログのゴムでしっかり括ったところが防染されるわけです この後糊付けし機に上げるまでまたいくつかの工程が待っている その間も緯糸の準備  沖縄ではすでに梅雨入りしたよう 染織には雨は有難くない季節がそろそろ近づいてくる 空を読んでの作業も多くなりそう アクシデントがありませんように・・・ そうそう棉の種蒔きも待っている...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR