Entries

うれしいこと

先日着物好きの素敵な方との出会い 着物(布)への愛着が感じられとても楽しい時間を戴いた ご自分が良いと感じられたものを上手に楽しんでいられるのでしょう するとどんどん着上手になるのかと おばあさんになっても着物で過ごしたいと仰っていた その中の一枚に私の木綿着物も加えてくださるでしょうか・・・  この仕事の遣り甲斐と仕合せを感じるとき・・ 私の手元から渡った着物に袖を通していただけること    ...

へちまタワシ

いつの間にか・・・   作品展の間に水に漬けっぱなしだった今年のへちま 外皮がつるっと剥けあとは天日に干しただけ 初めてのマイタワシ 繊維だけが綺麗に残るものです へちまの生態が教えてくれたこと 美しい・・・...

小鮒草染め

二人展に出展する <木綿乱絣入り着物>   主に小鮒草で染めたもので一巾を媒染の違いで織り分けてます <この画像では分かりにくいかもしれません> 小鮒草は黄八丈の黄色に使われる染材 絹とは違い木綿では柔らかな色になります 赤は蘇芳、キハダ、黄金花、ヤマモモ、茜も隠れています   秋の黄金色に彩る風景をイメージして制作したものです 秋限定の柄が入ってはいないので勿論春でもスリーシーズン お召しにな...

烏梅

この真っ黒なものが烏梅うばいです   梅を干し煤でまぶしたあと時間をかけ燻してつくる 薬用や染色では紅花染めの媒染に使います 先日の彩の会の作家さんのお客様から戴きました   桐箱には丁寧な書が 月ヶ瀬(奈良県)は良質な烏梅が作られることで知られる    蓋の裏には 平安の頃より貴族の・・・と 赤色は寒染めが良いとされるのでこの冬に試したい 古の色におもいを馳せながら・・・ ...

グループ展を終え

  昨日、彩の会のグループ展を終え今日は休養に充てています(ぼーっとしてます) OL時代の出勤よりしていなかった7日間の朝の外出は少々疲れたようですが 段々と着物で過ごすことが慣れていったように感じます やはり場数を踏むことが大事だということでしょう 最終日はまた多くのお客様で賑わい、じっくりお話が出来ない方も いましたことお詫びいたします ご来場くださった方々、ブログを見てくださった方々ありがとう...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR