Entries

始末

機に揚げていた経糸も一本のマフラーを織り上げ終了   整経する際に多くの木枠に巻かれた糸は少しつづ残り 今日はその残糸整理 空いていく木枠を見ると気持ちもすっきり・・・ 作品展の準備で仕事場は糸やら道具もそのままの状態だった 後始末をする・・・ じきに今年も終わりの月 色々な面で後始末が必要 ただこれらの糸のように残ったものそこから見い出す次なる展望 決してすべての始末は出来ない...

おすすめ本

今年の『いとなみの自然布展』でお世話になった田中敦子さんが お出しになった著書二冊をご紹介   『きもの自分流入門』 田中敦子著 小学館発行  きものって難しい。決まりごとがたくさん・・・ そんな言葉から始まる第一章。 でもとにかく着て、失敗して、見えてきた・・・自分らしいワードローブ。 今きもの初心者の方にはとても参考になる一冊です     『もののみごと』   文:田中敦子  撮影: 渞...

布団

今日ふとんのマスダさんへ行った 自転車で10分程のところなので何かとお世話になってます 店先に並べられた丸い座布団(クッション)が今人気とか <綺麗に撮れなかったのでマスダさんのブログでどうぞ> 私も以前自分の手織り布で作ってもらったものを愛用  それと世界の綿も取り扱っているのでご興味のある方はホームページへも ちょうど伺った時、布団の打ち直しをされる方打ち直した綿を使いお孫さんへ赤ちゃん用布...

花梨

  庭の花梨が大きな実を付けた 気が付くと地面に落ちていることもあり 手にすると仄かな甘い香りが漂う 喉に効く花梨酒以外に利用は無いと思っていたけれど ジャムも作れるとか ジャム作りの得意な友人に差し上げよう 毎年選定するほど成長が早く枝葉は染織にも利用...

デザインの引き出し

二人展の会期中のこと 大熊さんはどう絣のデザインをなさるのですかとご質問 ご自分が着たいと思う着物を作るのですか 少し違って勿論自分の好みになるのですが 特に自然の事象や歌、詩などから受けた感動を 作品に表現出来たら・・というのが始まりです   そして着姿をイメージ出来たらデザインは決定 天才ではないのですぐにパッと形に出来ないときは 頭の隅の小さな引き出しに締まっておく それがいつしか溢れ出すまで待つ...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR