Entries

南天

またの猛暑 数日前の精練、染めの勢いはまたもやくだかれる その際得られた色・・・               <南天染めアルミ媒染>                              <座繰り糸と真綿>                            庭には南天の木が植わっている 秋には紅葉し赤い実を付け難を転じるといわれる縁起物 けれど地下茎がはびこり剪定してもしても成長が早...

秋の気配

ヘチマが一つだけ生っている これだけで上々の出来   この夏の日除けはあまりの猛暑にくたびれがちだったけれど 今頃カーテンらしくなってきて・・・ 昨日あたりから庭の草木たちも息を吹き返したような様子 棉の第一号の実が弾けているのも見過ごしていたのだ これは数日経っていますねー   朝晩の過ごし易さも手伝って精練、染めに 勤しめそう何色に染まろうか・・・...

機下し

長い果てに   ようやく機から解放された布 今のびやかに舞うように地上に下りた 自身がそうなのだけれど・・・ 今回は色々あって時間が掛かり過ぎ 反省も有り、発見も有り・・・ これで良いと思ったら先は無いのだと とにかくこの後湯通し(糊落し) 前には進む・・・ 機にも労い掃除をした 次のゲストを迎えるために・・・...

布の再現

ここに裂がある   <木綿・結城紬など> いつか古裂(特に縞)の再現をしてみたいと考えている私に参考にと送って下さる 仕事柄もあるけれどとても熱心な勉強家の知人 その知識欲にはいつも刺激を受ける <古裂にはこれからの創作の糧になるものが多いはず けれどそれらを見極める目があるかどうか・・・勉強です> 手紡ぎ木綿で間道(渡りの縞)は下手すると野暮ったくもなり難しい まずは写すことから始めるといいのか...

手結い絣

  生徒Nさんの初めての絣 絣に興味を持たれていたので比較的簡単によこ絣の技法で 手結い絣に挑戦してもらいました 薄藍がとてもお好きな方でこの経糸の白と緯糸の藍との混ざり具合が 大層お気に入りでした いま矢羽根の柄を出していますがずらし方で色々な絵に織れるので これも面白さを引き出してくれるようです もう次の構想が浮かんでらっしゃるのかも・・・...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR