Entries

括り解きその弐

緯絣の最終の染めが終わり括りを解く まだ織りまで幾つかの工程が待っている        一輪ほどの暖かさに梅が蕾を解き始めたのに・・・...

出来上がり

  Yさんの茶綿織布 緯にはご自身が栽培された綿を手紡した糸が入りました 水通しした布はとても味わいがあり大地の温もりさえ感じます ご本人曰く、はさみを入れられない  暫く眺めるだけ・・・   シャツなどにし身を包んだらどんなに気持ちいいだろうと思います Sさんの二枚目のノッティングの椅子敷きが機おろし このあと房の始末、毛足を揃えて完成 ずっと眠っていた藍染の毛糸がこうして活かされました 密で弾...

冬枯れの公園

  おつかいの途中 いつもの公園 冬の空にさくらの幹が手を伸ばしている 確実に来る春を知っている ふと目を先にやると 幼子が小さい車輪を精一杯漕いでいる その先には暖かい眼差しを送る親御さんも 習いたてなのか 得意気そう・・・ ふと自分も父に乗り方を習った遠い頃を思い出す 何度も転びそして自信が付いていく あれから云十年今も自転車は普段の足 春になったら遠出をしたいものだな 今日は大寒・・・...

有明の月

  未明に降った初雪   空には早朝だから見られる有明の月 空気が澄み肉眼で見る月はとても美しかった...

括り解き

絣の第一段階の染めが終わり括りを解く作業 今回は白場と薄藍の絣なのでまず薄藍に残す処を解いている このあと最終的な求める色に染め、最後まで防染したところが白に残る 色数が増える毎にこの繰り返しが増えるわけです 随分手間がかかるのですねとの感想を聞く そうですね・・・ 織りまでの長いプロセス その先に伝えられるものが今の自分か 多くの場数を踏みたいと願いつつ・・・...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR