Entries

織の途中

   織りも中盤 その日の着物とのコーディネート或いは好きな色を 帯前で選べるように縞色を中心で分けました  今朝の日曜美術館は奥村土牛の桜の画『醍醐』を取り上げていた 対象をとことん観、本質を捉え筆をとる 百歳を越された生涯  芸術に完成は無い どこまで大きく未完で終わるかという言葉 響きます 山種美術館にて5月11まで ここで感想を述べるのは止めにしてこの眼で観たいと思った さくら染めの織り...

糸紡ぎ

  糸染めしたい時に糸は無し ストックが切れ始めているので夜は糸紡ぎ まだまだ先は遠い・・・ そういえば草木染め体験のリクエストもあるのですが 時間が取れそうになりましたらお知らせいたしますが なるべく採取したものでと考えると季節も問われますので 調整が必要です...

穀雨

    みどりのトンネル おつかいで通り抜ける公園の小径・・・ 花冷えの雨がそぼ降る今日は微妙に異なる黄緑が重なり眼に優しい この頃の雨を穀雨とか 全ての穀物を潤す雨・・・ 庭に蒔いた幾つかの種も芽を出し始めている カラカラだった身体も少しは潤って・・・...

試織中

その後の作業の流れは・・・ 経て巻きした糸を機にかけ   綜絖通し、筬通しを済ませ そして今、織り付けし緯糸をどう入れるか 試織中...

経て巻き

   先日の計画通り経糸を延べ(整経)機に収めるため経て巻きをするのですが その前に縞を配した糸を仮の筬に入れていきます こうすることで経糸が絡むことなく巻かれていきます     仮筬を通し終わって次は経て巻き   今回の糸の流れは花回廊といったところ さくらが終わり気が付けば今ハナミズキが街路を染めている 今日は少し汗ばむほどの気候・・・季節が早く進む...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR