Entries

御師からの便り

絣織りの師から年の瀬に届いた便り封を切る前は不安を覚えたのだけれどほっとする内容に一安心齢よわい九十の手前 身体の動きにおぼつかなさをつづられていたけれど九十歳の年には幾つかの個展が控えているとのことに尊敬の念を禁じ得ませんサポートはあるにせよ新作への気力は衰えられないお若い頃の苦労話を知っているので現役を通されていらっしゃることは天のお恵みとご使命なのだと・・・どうかお元気で個展を向かえていただ...

わたの紡ぎ塾12月②

先日の紡ぎ塾は通常の糸紡ぎと京都からのお客様スピナッツの本出さん、家具職人の柴原さんそして、ておりやの多田さんたちとスピンドルの話に興じた塾になりました手馴れた羊毛の糸紡ぎSさん手作りのスピンドルておりやさんの沢山のコレクションを前に紡ぎ談義ペルー、インドネシア、モンゴルなど世界にはその土地土地で形や紡ぎ方もそれぞれ異なるスピンドルがある結局そこに決まりはないのですが素材によって重量、長さによる紡...

冬の散歩道

スーパーへ抜けるいつもの公園葉が落ちた梢も美しい「冬の散歩道」今年もこの時期思い出すS&Gの同名のサウンド寒さもゆるい昨日の冬至から一変 今日は真冬陽の長さも少しづつ延びていく今年は早かった・・とあちこちで聞き、同感するのも歳のせい?そう こんな自分を想像しなかったけれど日々の積み重ねが今・・・反省 そして来年へ希望を抱くの繰り返し...

半襟お渡し

夏にご依頼をいただいた半襟今日お客様に無事お渡しできましたわめん手紡半襟奥から 茶綿 藍 さくら染めこれで完成ではありませんここにインドの職人さんが手刺繍を施します一枚くらいこのままでもいいかなと仰ってましたがどんな仕上がりになるのか私もとっても楽しみです一緒に生成りのものも頼んでしまいました この日も布フェチのBさんの沢山の情報が作品作りのイマジネーションをかきたててくれましたここに画像を控えます...

朱に染めにし

寂しくなった庭先に朱色が際立って南天ドウダンつつじ万両家中では先日のマフラーの第二弾今度は経糸を長く整経し緯糸も数種染めつつ好きな時に織れるよう準備中...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR