Entries

教室は新作で・・・

花屋さんのセールでポット苗の菊を手に入れた一度地植えすれば毎年楽しめる秋教室でもSさんは秋のこっくりした色でシルクショールを制作中床巻きで腰を労わりながらの経て巻き何方かへの贈り物・・・心を込めNさんは絣第二弾のデザイン中前回は手結い絣でしたが今回は耳を綺麗に合わせる方法で長期戦です・・・ ...

わたの紡ぎ塾9月

久々の塾の様子・・・生成りの手拭いの次は各々に縞をデザインしてもらいました経:紡績糸 緯:和綿手紡糸ここまでの工程 まず縞の糸染め:ラックダイの鉄媒染 指で巻いた糸玉:道具が無くてもOK 整経は家でも出来る方法で   縞割り:デザイン画を見ながら入れ込みます 縞割りの完了色糸の本数を決め巾の中にどう入れるかの勉強です少し大変でしたが縞は無限に出来ますので面白いようです皆さん忘れないう...

彼岸花

先日は彼岸の中日本降りの中、先祖の墓に参る白の彼岸花近くで見るとゆりの形状小さな頃、赤い彼岸花は不気味さを感じたけれど今は嫌いではないさあ秋分の候 あっという間に季節が移ろう・・・...

ご来場者さまに感謝 

出雲織一門展は、昨日無事終了いたしました今日の天気はどうかしらと毎日空を見上げた五日間(終わった途端の本降りです・・・)私は毎日出られませんでしたが悪天候にもかかわらず、毎日大勢の方がおいでくださったとのことこれもイトノサキさんはじめ多くのファンの方々のお蔭です全日在廊された柚美江、秀則先生にも感謝ですそして中心になってくれた門下生方 お疲れ様でしたバリエーションに富んだ絣の着尺・帯に色や技法で楽し...

出雲織一門展三日目

昨日は一時、突然の雨に遭われたお客様はじめありがとうございましたそして私の出とすれ違ってしまわれた方々大変申し訳ありませんでした後ろ:右から四点は青戸家四名の作 手前:門下生作 この日は知人お客様に沢山お会い出来おしゃべり三昧の午後でした ご本人のご了解を得てUPします左:田中敦子さま 右:岡田知子さまご両人 貴重なご意見いただきました後ろ:自身作の手紡木綿九寸帯地 以前のブログではよく分か...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR