Entries

生徒さん達の今

久し振りの塾内の今は皆さん着々と進んでおられます卓上機で織った布、布 平織で色糸効果をねらう一つのパターン違う二色を糸の並べ方で大小のブロックからなる崩しという網代模様が現れます 白場が多いのも爽やかです 立体的に見えます染め:タンガラ次の作品はオリジナルの縞織りで緯糸は各自紡いだ糸を入れてもらいますこちらは自宅教室の生徒さん 向かい矢羽根 染め:ログウッド初めて種糸から括り、染め...

秋の二人展に向け

普段の作品は木綿との相性がとても良い藍ですですが最新作は久しぶりに他の草木で織りたいと始動した染めこの猛暑でのなか今月一杯続きそうです 絹と違って木綿の染まり付きは良いほうではありません紡績糸などは殆ど下処理(濃染処理)が必要でしょうただ手紡糸は思いのほか良く染まります 勿論染め重ねは要ることですそれは糸のなり方の違いもあるでしょう  五年ぶりに絹織りの友人と二人展を予定していますその最後の大物...

草木染め

帯制作が終わってからは染めが続いていますが今年の猛暑はさすがに堪えます夜叉附子での染めや  南天・蝋梅の染めなど台所での染めは鍋をあっちにこっちにとやりくりしながらでつくづく染織は体力が要る仕事だと実感します今夏一杯体力との勝負ただこの時間が思いの作品に繋がることを願って・・・ 普段の買い物は一つの息抜き日中人気が無い公園で静かな木陰をみて...

蓮始めて開く

七十二候 蓮始めて開く出雲に住んでいた頃に行った蓮園で広い池にはそれはそれは様々な蓮が見事でしたすーっと心が浄化されるようで見飽きなかったのを覚えています...

帯その二

機に揚がった二本分の帯用の経糸二本目のよこはすべて紙糸を通してみます一本目の絹を入れたものよりしっかりした風合いで野趣に富んでいるようです春に作業した様子 手漉き和紙をカットし揉んで更に縒ります 今回は少し太めの糸にしました ...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR