FC2ブログ

Entries

気づき

二人展の開催で意義があったこと
まずこの茶綿手紡半巾帯が大活躍(両面使い、細縞入り)
IMG_20171031_151159闌カ邯ソ蜊雁キセ繧医▲縺励・逹€蟆コ_convert_20171109203701
これ自体主張する訳でもないのですが今回着装してもらって改めて
万能だと知りました
例えばこの吉倉さんの紬にも

裏はこんな感じ
IMG_20171102_142841闌カ邯ソ蜊雁キセ_convert_20171109205725
この藍木綿にもぴたっと寄り添ってくれてます
他にも出番が多かったのには
和綿の茶は特に優しい色ですので邪魔をしないのだとも考えられます

帯を引き立ててくれる着物、着物を引き立ててくれる帯
これは後者かな

そして私が今回特に嬉しく 安堵したのがこの着尺
IMG_20171103_061213荳・ク。闌カ邯ソ_convert_20171109203914
一番といっていい程多くの方に好評だった縞と絵絣の木綿着尺です
「万両散し」と題したもので庭の万両を格子の向うに表したものです

この方は若い方ですが白髪が素敵な方にもとてもお似合いで気に入ってくださいました
年齢を問わないものだとも気づきました

作り手が陥りやすいものなのか一旦?を抱いてしまっていたのですから
今回のお褒めの言葉に自分は何を見ていたのだろうかと思いつつも
安堵した一点です

こんな気づきを与えてくださったのも着装してくださった高橋紅雲さんのお蔭と感謝しています
いつもすっきりと着こなされている着付けの先生です
IMG_20171104_205257_convert_20171109211827.jpg 
ご自宅で教室もされていますからビギナーの方
レベルアップしたい方お訪ねしてみてはいかがですか
着物を着る楽しみを味わえることでしょう
私も着物でご一緒の際はチェックしてもらうので安心しています
(お世話様でした♡)
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wamen8.blog83.fc2.com/tb.php/1014-7ab804c9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR