FC2ブログ

Entries

二年目の胡桃染め

昨年と同じ富士山の麓の方から鬼胡桃の実と葉が届きました

昨年染めた糸を経糸に縞の着尺分を機に揚げたところでした
緯糸を決める際、やはり胡桃染めの糸が欲しいと乾燥モノの購入を考えましたが
甘えてお聞きしたところ高所にかろうじて残った物を送ってくださいました 有難いです

先週までの猛暑は去りましたがまだこの時期の染めは汗だくです
まず実をナイフで削り水の中に入れていくそばからタンニンの茶色が

思い起こせば昨年は一月前のじりじりと暑い頃でした
生の胡桃染めはどうしても猛暑時なのね、、、
良い染めを得るには労はいといません
DSC_0848_convert_20190822094330.jpg
三番液まで抽出し、染色
DSC_0855_convert_20190822094629.jpg
灰汁媒染中

今回は葉も一緒に入れたことでなのか昨年と色相が少し違うように見えます
量や時期の違いで微妙に変わるのは見越していますが
兎に角濃い色になりました
タンニンが多く堅牢度は良いとのこと
機に向かえる日が待ち遠しい
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wamen8.blog83.fc2.com/tb.php/1130-791aaae7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR