Entries

藍染め始動

藍の華(発酵がすすみ染め時のサイン)
015_convert_20100808091053[1] 
糸の絣染めは今まで専門の紺屋さんへ出している
 ※緻密な絣を染めるには量、技術ともに重労働と環境を要するので私にはとても難しい
ただ無地の糸や布を染めるのは 課題としていた
やはりその場で好みの色が出せるメリットは捨てがたいから
そこで今をその時期と重い重い腰を上げた  

タデ科の藍は経験済みなので今回自然布展で出逢った琉球藍(キツネノマゴ科)に挑戦
字の通り沖縄の代表的な藍染め
薬品は使わず建ててみる
003_20100807110740.jpg 泥藍  まずは2kgから
仕込み日(7/22)
沖縄の海を彷彿する澄んだ青に染まる
果たしてそんな色がここで得られるのかと不安をもちつつ
毎日手を掛けてきて・・・<そこまでの過程は今回省略します> 


007_convert_20100809100139[1]  
初日(8/6)に染めた手紡糸 二回染め 中干し→水洗→酸通し→水洗

008_convert_20100807090455[1]

二日目は手紡布 液は黄緑色
 
009_convert_20100807101328[1]
空気酸化でさっと青になる
 
011_convert_20100807101420[1]
段染めにするので下の方は長く液に漬け濃く

012_convert_20100807101517[1] 
一回目の中干し<濡れているので濃く見える>
糸は前日から一晩水に漬け今日新たに水洗したもの

やはり気温が高い夏だったので早く建てられた
いつまで染められるか藍とのお付き合いが続きます
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wamen8.blog83.fc2.com/tb.php/232-7c3caa33

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR