Entries

匠の技 竹筬編

先日 日本竹筬技術保存研究会主催の試作竹筬と織布展に行って来た
一時竹筬作りの存続の危機を迎えた時、後継者育成、技術保存のため
立ち揚げ尽力されているのがこの竹筬研究会である

今回古い竹筬の診断、修理もしてくれるというので診て貰った
025_convert_20101023212433[1] 
左は新品 右二本は古い竹筬
どうやらこの二本は問題ないとのこと 

010_convert_20101023231019[1]
竹筬(左側に映っているもの)とは機に揚がった経糸を羽と羽の間に通し引き揃え
緯糸を入れる度に打ち込む役割をするもの

今主流はステンレスなどの金筬で織布に遜色はないのだけれど
(織り手の気持ちが多分にあるとは思うのだけれど)トントンと織り進めていく
過程で軽くて織り易い、糸のすれが無く優しいなどの要素で使われている
私も紡いだ糸などには特に使いたい方である
その気持ちが織り味に反映される気がしている

今回筬が完成するまでの全工程を知って普段何気なく
使っていた筬が愛おしく感じ消耗品ではあるけれど大事に
そして多く織りたいと感じた

015_convert_20101023205617[1] 
原材料の真竹を天日干ししてから始まる

011_convert_20101023205515[1] 012_convert_20101023205409[1]
最後の方の工程の筬編み 尚、手で編むのは稀のようで
普通は機械編みのようです

003_convert_20101023205652[1] 
古い竹筬も展示されていた

ここでも新しいものと伝統の継承作業があった
昔の匠達の技を知らなければ新しいものは生まれない気がする

そしてこの会も地道な活動でここまで浸透したのだろう
使う側から陰ながら応援したいと思う

そのあと寄り道し友人と久々の横浜で織り談義したらあっという間に夕暮れ時だった
023_convert_20101023205808[1] 
赤レンガ倉庫のカフェで
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wamen8.blog83.fc2.com/tb.php/261-5abccdff

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR