Entries

機のこと

厩機ウマヤバタ
005_convert_20110507192236[1]
 
私が新潟で織を志した時初めて譲り受けた絹機がこれ

四方に柱が伸び厩舎に似ていることからこの名がつく
新潟県塩沢地方に代表されるよう
いつか織機屋さんがこれは今では珍しいと仰った
どんな人達がこの機に座っていたのか知らない
そこに思いを馳せるとき力が湧く

その後山陰へと一緒に、一時は友人の処に眠っていたのを
今また遠い旅をし私のところへ辿り着いた
使われていない機と知ると何とか動かしたい思いにかられる
今では我が家の機は全部年代物

この機もところどころ傷を負いきしんでいるけれど手当をしながらなら
私が仕事をするあいだは働いてくれることと思う

機によって癖や違いが有り織り始めは馴染むまでこちらが添うように・・・
これも久しぶりの対面なので癖を思い出しながら糸を入れていった 

やはり一度機職人さんに調整を仰ぐ必要があるかもしれない
自分の機にするまでせいぜい頑張ってもらうために・・・  
 
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wamen8.blog83.fc2.com/tb.php/317-b34deb54

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR