Entries

小鮒草染め

穂が出始めたこぶな草
005_convert_20110927122202[1]
 
今年も黄色染めに重宝します
ある資料では穂が出始めた頃が染め時とのこと

一部は保存用に乾燥させ今回絹と綿糸を染める 媒染:灰汁
012_convert_20110927122236[1] 
黄色といっても色々なニュアンスを持つ 例えばやまもも、待宵草、きはだ、玉葱・・・
それぞれの色を戴いてきては歓び一本一本織り込んできた

また黄色たちを集めて一反織ってみたいと思う
その第一弾

芒の穂も緑を湛えたまま顔を出す
今日も秋の空気感が漂う一日になりそう
007_convert_20110927122032[1] 


経て巻き作業
011_convert_20110927122120[1] 
これは男物の着物にと縞立てしたもの 染め:藍二種 グレー草木 

工程の中でもこの作業は私にとって最も骨が折れる
自分の体重を上手く使い約17mきっちり巻く必要があり
体力消耗・・・ 

こんな日は自分に少しだけ褒美をあげることにしている
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wamen8.blog83.fc2.com/tb.php/363-d0f168e4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR