Entries

技術を絶やさず

小津ギャラリーでの
『楮から和紙 そして紙布』展へ行ってきました
 
途絶えかけた宮城の白石紙布の技術の存続に力を注がれてきた
桜井貞子さんとそれを支えた和紙漉き職人の菊池正氣さん

今年の初め桜井先生宅にお邪魔して以来の再会
その後私は紙糸作りも休眠中  
 CIMG6529_convert_20121204210127.jpg
綿紙布、絹紙布、諸紙布の素晴らしい作品が展示されていて
この日はお二人の対談 

現在の紙布を生み出すまで失敗の繰り返し
継続出来たのは第一にご主人の後押しだったとか
日本の素晴らしい伝統技術を残すとは・・・並大抵なことではない

手間は惜しまないとしても、経済的な負担もあり
本格的に続ける人は少なく
特に今それらのニーズが無いのが悩みどころとも

紙にしても売れるのを漉くのと上等な紙を漉くのは違うとのこと
織り手が上達すると紙漉きもどんどんレベルが上がるとのことに

日本の匠たちの問題だけではなく消費者側の課題でもあるなと感じた

この展示会は8日(土)までです
ご興味のある方は足をお運びなさっては

会場:小津和紙 二階  小津ギャラリー
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wamen8.blog83.fc2.com/tb.php/505-cd8b963b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR