Entries

糸の準備

糸車で紡いだ紡ぎ玉(左の籠の中)を綛あげ
 
一つの作品を仕上げると手元には糸は無い状態
常に手紡糸を補充しなければ仕事にならない
時間と手が欲しいと痛感・・・

CIMG6730_convert_20130214094345.jpg 
作業し易いように小分けして長さ、重量、番手(糸の太さ)を明記しておく
良く見ると左と右側では少し色が違うのがお判りだろうか

実は綿の種類が違う 大きく分ければ和綿(通称)なのだけれど
出身地や年によって白かったりクリームがかったり
色だけではなく繊維の長さ、弾力、紡ぎ具合も厳密に違うことがある

かつて(江戸から明治にかけて)はそれは多くの品種が栽培されていた

今私が使っているのは2、3種
なるべく交配させないように栽培は1種にしている

さてこれからも糸に向き合い翻弄される日々・・・
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wamen8.blog83.fc2.com/tb.php/526-49afb68e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR