Entries

藍染め

前後しましたが暑い盛り 藍染めに行った様子
DSCN301520160805譛ャ阯肴沒繧\convert_20160808172731


手紡ぎ木綿糸を藍瓶に何度もくぐらせぎゅっと絞る
糸に伝わる藍液はまた藍瓶に戻り次の役割を果たす
藍は生き物 扱いも丁寧にを心がけて・・・

P8050988_convert_20160807160617.jpg
ここの飼い猫
気持良さそうに糸をすり抜けるけれど悪戯はしません
P8051006_convert_20160807160759.jpg

P8051003_convert_20160807160705.jpg
まどろむ
P8051001_convert_20160807160734.jpg

P8051008_convert_20160807160818.jpg
冷たい井戸水に洗われて・・・
中干し後も何度か水洗し、アクを取り除くことが肝心だとか

藍絣木綿は水を通す毎に色が冴えると昔から言われるのは
このことです

このように染めが出来るのも藍の栽培、蒅づくり、藍建てへと
各々の職人方の手が連動されているからこそ
暑いとぼやいては申し訳ない・・・

8月8日<気づいたらこの記事が888番> お付き合いありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wamen8.blog83.fc2.com/tb.php/888-3e4ae40c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR