Entries

ふくなるお顔

山陰に居た時求めた郷土雛ゆるくていい・・・枯葉の中から福寿草気が付いてあげられた・・・...

節分

福は内 鬼も内明日から新たな気持ちで前進...

ある日の着物

先日の今年初のきもの歩きでは 母が誂えてくれたものの長年仕舞い放しだった無地の比翼仕立ての縮緬暫く木綿や紬しか着なかったので重くて着付けの様子も違った裾も普段着物より長めにすると良いのですが少し短かったようどんどん着てあげないと申し訳ない帯は戴きもののお正月ぽい唐子模様帯締めも母が遺したもの(同色で無い方がいいのかしらん)着物を知るために今年もきもの歩きを増やそうと思う...

申をいく

謹賀新年本年も宜しくお願いいたしますより良いものをお届けできますよう精進します...

雨の一日

今日は朝から雨降り溜まっている事務作業やらで機から離れる日と決め着物で過ごすことに・・・これは箪笥に眠っている母のお古袖は少々短いし外出にはどうもというものだけれど家中では十分半巾帯 これもまた赤すぎて家用そして不規則な縞が気に入った手拭いで作った紐を襷がけにすれば家事も出来るさて形から入ってますが本当に心地良く凄せるのか・・・実験ただ暖かいのは確実でウォームビズには叶っているらしい一方の機上は二...

足元は・・・

なるべくなら家の中で素足でいたいのだけれどさすがにこれからはそうはいかず 箪笥に仕舞い込んであった別珍の足袋を履いたら塩梅が良いさらに長年愛用の布草履で足元はあったか機織りにももってこい今日織り始めたマフラー経緯絹 緯糸は知り合いから譲られた真綿手紡糸その方へのお礼用として 薄めだけれど暖かいはず染:藍 小鮒草 黄金花...

きものと帯と

十月も足早に過ぎ去って画像はある日の取り合わせ秋の深まりを感じる寒い日もあれば汗をかくほどの日もあり意識して着物を着るようにしている昨今この日は暑い位の日和モスリンの単衣が活躍 紬の帯は銀座結びで遊んで 下のちょっとカラフルな帯締めでしたが上のでも良かったかと身に付けて分かる着姿、癖だからなるべく写真に収めてもらうようにしているあとで自分の体形からくる癖や取り合わせなど客観視できるので・・・当然若...

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR