FC2ブログ

Entries

神無月に


十月に入ってから家の中に射す陽が長くなった
真夏の太陽とはうって変わり柔らかく暖かい
これからはワタも布団も広げられることが嬉しい

PA072948_convert_20181007154927.jpg
ワークショップ用のわめんの篠巻き
右から茶・白・白と茶のミックス
薄く広げ、くるくる巻いている時から愛おしくなるものです

スピンドルを使った糸紡ぎワークショップ
10月13日(土) ①13:00~
           ②16:00~

詳細はイトノサキさんへ

綿花から糸へ


私が毎年栽培している伯州綿 その綿花から糸になるまでの流れを
実演を踏まえご説明した画像です
今夏の猛暑も忘れつつある時期 この作業が苦ではなくなる季節がやって来ました
そろそろ作品つくりに没頭しなければと思うそば、台風の接近が気になります

 秋の藍企画展

お世話になっているイトノサキさんの企画展
藍がお好きな店主さんがセレクトされた手仕事のモノが並ぶそうです


期間中の13日(土)には私のスピンドルで糸紡ぎワークショップも開催します
初めての方でも終わる頃には糸が紡げていますよ
この機会に和綿の感触を味わってください
P9302918_convert_20180930110614.jpg
企画展 
10月5日(金)~14日(日)
11:00~19:00
定休日:月・火
イトノサキ
糸紡ぎWS
13日(土) ①13:00~ ②16:00~
P9292909.jpg
詳細お申し込みはイトノサキさんへ
通常時もセンスの光るコモノたちを眺めると心にゆとりが生まれます

ありがとうございました

二日間の東京スピニングパーティーも無事終えました

十絲の会としては初出店でしたが
お話を伺う程に今、もめんに関心が向いてきていることを実感しました
IMG_20180917_143428_convert_20180917145034.jpg
わたの紡ぎ塾の生徒さん達にもお手伝いしてもらったお蔭で
より興味を抱いていただけたのではないでしょうか
IMG_20180916_204914_convert_20180917145143.jpg
スピンドルの糸紡ぎワークショップも盛況に終わりました
IMG_20180915_212117_convert_20180917144959.jpg

遠く九州からのお客様には感激し、その熱意に脱帽です

これからもより精進し、より良い情報をお伝えできればと思います
皆様本当にありがとうございました

FB 染織 木綿紀行 でも投稿していきますので宜しくお願いいたします

東京スピニングパーティー2018

いよいよ今週末 15(土)・16(日)開催です

体験用卓上機の機拵えや袋詰めなど最後の作業が終わりました
P9112884_convert_20180911220323.jpg
和めんや洋めんの詰め合わせ
袋によって中身が違います
P9112879_convert_20180911220301.jpg
棉から糸へ
糸になるまでの姿が分かります

IMG_20180630_091158_convert_20180630114152.jpg
糸紡ぎWSはno.75前で直接お申込みください
両日とも 各3名 ¥1,000
①11:00~12:00
②13:30~14:30
③15:00~16:00
お待ちしています

FB染織 木綿紀行 も宜しくお願いいたします

沖縄の工芸展

五年位前までは沖縄本土で開催されていたらしいですが
現在は東京での展示会とのこと  時事通信ホールにて9.9まで

昨年行きそびれたので今年こそはと初日に伺いました

最大の目的は実演での絣つくりを見ること
画像は基本的にNGでしたので控えますが琉球絣・久米島紬・八重山上布の
方々の絣技法のお話を聴けました
私自身の技法はあるものの他の産地の技法を拝見することはとても興味があり、
勉強になることです
丁寧にご解説いただき感謝です
P9072856_convert_20180908102252.jpg
こちらは宮古上布さん 細い細い糸つなぎの実演

そして懐かしい方々との再会
三線演奏の体験など一日遊びを含め勿体ない時間をもらいました

洋綿

ここでスピニングパーティーに持って行く洋綿のふたつをご紹介

これはトルファンのスライバー
繊維長が長くとても柔らかい綿です
普段私の仕事には使っていないのでパーティーに持って行くことにしました

P9052853_convert_20180905102823.jpg
こちらは緑わたのスライバー
購入時は緑色でしたが経年で茶味がかってくるのです
しかし紡いだ糸をアルカリ処理しますと右のようにさっと緑色に
魔法のようで不思議です
以前織ったマフラーを買ってくださった方はその色の変化を好とされて
いますが、もし緑にしたかったらお湯で煮てくださいと提案しています

小物でしたらこんな楽しみもありますが私は着尺などには不安で
入れないようにしています

その他にも数種類の洋綿を展示していますので比べてください

スライバー:ふとんわたの様な打ち綿の形ではなく紡績の過程で
        長い麺のような形状にしたもの

和棉開く

とうとう九月に入りました
我が家の深鉢栽培の棉の実が八月末に開き始めていました
摘みたい気持ちを抑え、熟すまで我慢
そして昨日の晴れ間の画像(ピントがずれてがっかりですが)

夕方から風雨の兆しがあったので急遽非難
雷と大雨から逃れ一安心 畑ではこうはいきません

今年は充実した種はここからは極僅かしか採れないでしょう

期待できるのは先日の投稿で紹介した近くの畑です
そろそろコットンボールが沢山見られる頃
お訪ねしてみよう・・・

T・S・Pへ向け

新東京スピニングパーティー2018  
IMG_20180630_091158_convert_20180630114152.jpg
 
早いもので開催まで一ケ月を切りました
十絲の会ではリニューアルしたオリジナルのスピンドルの販売もいたします

円盤部分の木はケヤキ、カバ他 数種類から選んでいただけます

P8282835_convert_20180829175658.jpg 
そのほか和綿を始め世界のわたの販売をします

只今最後の追い込み中
和綿以外の洋めんはごみ(棉殻が砕けたもの)の取り除きに大変時間がかかって
しまいこの一本の篠を作るのに二、三十分掛ります
しかし、なるべく綺麗な状態でお渡ししたく、手間を惜しまず作業中

P8242812_convert_20180824230723.jpg

P8282827_convert_20180829175744.jpg
ブース前では糸紡ぎのワークショップ・卓上機の織り体験もありますので
お気軽にご参加ください

手紡木綿 十絲の会ブースは75です 皆様のお越しお待ちしております

パーティーの詳細はこちらへtokyo-spinningparty.org/index.html 

和棉畑


今年はわた畑の準備が出来ず困っていたところ
近所でせっせと野菜作りをしている方と知り合いわたの種播きをしていただいた
P8172768_convert_20180820135056.jpg
通常の蒔き時は過ぎていたもののこんな立派に成長しているのに驚き、感激
我が家のポッと栽培とは比べ物にならない
これで種の引き継ぎも安心
来年は我が家の畑の整備を終わらせ蒔く予定にしている

このまま順調にわた摘みが出来ますよう祈り
本当に有難いことと感謝です

夏きもの

今年は初頭から引っ越しなど身辺に大きな変化があり
生活のリズムが掴めないまま夏に突入
その夏も異常気象、酷暑に見舞われ尚更です


工芸に関する講演の聴講とその後の友人達との納涼会も
この暑さに洋服のはずでしたが
週末はぐっと過ごし易い様子に着物で出掛けることにしたのです

今年初ですーーー夏きものの小千谷と自作の麻紙布帯
八月一杯の普段のお洒落
暑い時こその夏きものですが今年は無理と諦めていたので
一度でも袖を通せてラッキーでした

そして友人らとの語らいとご馳走で、このところの塞ぎがちな気分が
和んだようです

外に出ることでインプットすることの必要性は感じているのですがね
さあ今日は家中で動かねば。

秋分


昨日は秋分でした
朝出掛けに見た田んぼでは、少し頭を垂れた稲が一斉に大風に揺れていた
日々変化する色に自然の誠意を感じる

そしてその日の帰り いつもと違う路を通ると
庭いじりに精を出すお宅に秋の七草のオミナエシの黄色がパッと目に入った
IMG_20180807_165613_convert_20180807220550.jpg
そして勇気を出し声を掛けると花談義に 植物好き同士のワクワク感はたまらない
おまけに二種の球根もいただき、早速我が家の庭に植え付け来年を想像する
寄り道で得をした日でした

ゆっくりでも秋はやってきている・・・

胡桃染め2


先週戴いたオニグルミの青い実からこんな色を貰った
IMG_20180718_152011_convert_20180718232741.jpg 
こんな姿で実が付くのですね
IMG_20180719_092150_convert_20180727071328.jpg
青い実を外し水に入れていくとみるみるこんな色に 
IMG_20180720_210237_convert_20180727071418.jpg 
一回目の染色
 IMG_20180721_063042_convert_20180726113813.jpg
灰汁媒染し、再度染液に戻し染色中 
濡れた状態のこの色に仕上がれば良いのですが
そうはいかない
IMG_20180721_085851_convert_20180726113930.jpg

今回は手紡ぎ糸の準備不足が残念だったけれど
濃染処理もせず紡績糸がこの位染まったのはやはり生の実だからでしょう

秋を感じるこれらの糸で制作できたらと思うのです

棉の花


先週から開花し始めてます
今年は畑が変わり、播種準備が間に合わずやむなく深めの鉢栽培です

異常気象が心配でしたが何とか種は繋げそうで安心
気付けば、この伯州の種を交配すること無く繋げることをいつの間にか自分に課している

今年もこの美しい花に出会えて有難いことです

くるみ染め


富士山の麓の知人から届いたオニグルミの実
IMG_20180718_154647_convert_20180718232626.jpg
突然のことでびっくりしました 
さて染めには生のままがベストらしいので急いで準備

この猛暑に体が鈍っていたところ覚悟を決め頭を切り替えました。
つづく 

わたの紡ぎ塾2018.7.10 藍染め

次の格子織り用に糸染めです

今まで無かった藍色
本来なら藍甕に浸けたいのですが教室内でやるのは無理
そこで申し訳ないほど手軽に染まる大和藍を使うことにしました
IMG_20180713_063953_convert_20180713093754.jpg
藍熊さんで開発された藍染め方法
この10gで約10倍の被染物が染まります
藍の華をそっと除き空気酸化しながら染めます
IMG_20180710_131028_convert_20180713093834.jpg

中間色ですが綺麗に染まりました
さあこれで各々考えた格子縞に続きます

綛揚げ


そこそこ紡ぎ糸が溜まったので綛に揚げます
糸の太さを確かめたいのも理由です
カウンターの数字から綛周を掛け重さから糸番手を割出す

何綛かやってみると、ほぼ同じ番手になりました・・・これであまり斑がないことに
なりますので糸紡ぎを続行します
綿によってもなりたい糸の太さがあるような気がします

IMG_20180708_095926_convert_20180708151817.jpg
このシンプルなタオル大の布は十年以上前に経緯手紡ぎで織ったもの
洗い使い込んでもへたれも無く今や手放せないものになっています

これは糸と密度のバランスが上手く出来たと思うものです
これからどんな布になるかまだまだ使い込んでみます

新・東京スピニングパーティー2018

9月15(土) 16(日)/10:00-17:00
すみだ産業会館

まだ先ですが今年のテーマが手紡ぎ
何年か振りに十絲の会で参加します

全国から105ブースの作り手、販売元などが勢揃いします
手作りファンにとっては年に一度の心躍るイベント
素材求めやレクチャー、ワークショップも目が離せません

私も詰めていますので是非お越しください
ブースでは写真のオリジナルスピンドルを使った糸紡ぎのワークショップも開催します
7月に入りましたら詳しいチラシも出来てきますのでまたお知らせいたします

公式サイト http://tokyo-spinningparty.org/index.html

Appendix

プロフィール

wamen

Author:wamen
糸紡ぎ 機織りを通して
仕事、日々触れたこと
綴っています

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR